上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィーンは今日の午前中まで。昼にはロンドンに向かいます。
少しの時間ですが、まだ訪れていない観光地を見に行きます。
今回のウィーンの旅は、クリスマスシーズンということもあって、
休館の美術館などが多かったですね。

こちらはバロック建築の傑作といわれているカールス教会です。
この教会は、マリア・テレジアの父が、ペストの脅威が去った後に、作らせたものだそうです。
早朝ということもあって、人は全然歩いてなかったですね。
12月のウィーンはホント寒かったです。プルプル。
P1010004.jpg

P1010006寺院前

街中を歩いていると、またまたクリスマスツリーを見ることができました。
色んなところで、ホント沢山のツリーを見ることができました。
P1010008.jpg

カールス教会から1キロ弱のところに、ベルヴェデーレ宮殿があります。
ここまで、急ぎ足でやってきました。もう空港へ向かう時間が迫っています。
P1010010.jpg

1枚写真をパシリッ☆
P1010013宮殿前

今回見ることができませんでしたが、宮殿内にあるバロック美術館には、
クリムトの代表作「接吻」が展示されています。こちらは絵葉書から。
P1040515.jpg

さっウィーンを後にして、これからロンドンに向かいます。

ロンドンに到着です。テロ以降、チェックが厳しくなっていますが、
この日は、こりきちが日本人ということもあってなのか、それともたまたまなのか、
空港の係員の女性が優先的に通してくれました。待ち時間も短くて、ラッキーでした。

ロンドンに到着して早速、街をぶらついて、夕食後にセント・ポール大聖堂にやってきました。
ライトアップされていて、キレイです。非常に大きな建物です。
イギリスの教会や博物館は、他の国とは比較にならないほど、何でも大きいです。
P1010033.jpg

P1010038_20091206162056.jpg

大聖堂の前にも、クリスマスツリーが飾られています。
この付近には、おしゃれなレストランもあって、楽しめると思います。
P1010030.jpg

P1010043.jpg

P1010040.jpg

この大聖堂は、ヴァチカンののサン・ピエトロ寺院や、パリのパンテオンなどから
ヒントを得て、完成されたものらしいです。確かにサン・ピエトロ寺院のドームの形によく似ています。
ドームの高さは111mもあるそうです。
P1010049.jpg
夜も遅いので、ホテルに戻って、明日も朝から観光です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
スポンサーサイト
市庁舎前で写真撮影を終えて、続いてウィーン大学の前を歩いていると、
前方に大きな教会が見てきました。
2本の尖塔がそびえる教会、ヴォティーフ教会が見えてきました。
P1000904_20091206094425.jpg

この教会は、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の命を狙った暗殺テロ事件で、
皇帝が無傷で助かったことを感謝して造られたものだそうです。
パリのノートルダム寺院などとよく似ているような気がします。
ゴシック様式で、優雅で、手の込んだ彫刻が施されています!
P1000906.jpg

主祭壇です。
P1000909.jpg

教会内には、ステンドグラスが78枚も飾られています。
P1000907_20091206094424.jpg

色鮮やかで、物語にもなっています。
P1000911_20091206094423.jpg

ヴォティーフ教会は、外観が美しいことで有名な教会で、
欧州でも1、2位を争う美しさといわれています。シュテファン寺院などと比べると、
非常に新しい教会ですが、その分キレイです。是非見に来てください。
P1000916.jpg
明日は午前中ウィーンを出発して、夕方前にはロンドン到着予定です。
明日の午前中も、頑張ってウィーン観光します!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
ハプスブルク家が滅亡するまでの640年間、増築を繰り返し続けた王宮。
王宮敷地内には、旧王宮、新王宮、スイス宮、そして教会や図書館・博物館などが
集合しています。こちらは、ミヒャエル教会です。
高さは80m近くあります。白が鮮やかです。
P1000873教会

教会に入ってみると、中央祭壇を見ることができます。
この教会は改築が繰り返されたため、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンス、バロックなどの
建築様式が取り入れられています。中央の堕天使群像が目を引きます。神々しいです。
P1000875.jpg

バロック様式の豪華なミヒャエル門です。この辺りは見所満載ですが、
多くの建物がひしめいているので、どこを歩いているか、わかんなくて、
こりきちは混乱しちゃいました(笑)。ここは旧王宮周辺です。
P1000874.jpg

こちらは、アウグスティーナ教会内部です。
ゴシック様式で天井が高く、豪華なシャンデリアが輝いています。
P1000880.jpg
P1000884.jpg

新王宮です。この王宮内は沢山の博物館(例えば、古楽器、中世武器、民族博物館など)が
入っていて、ベートーベンやシューベルトなどが演奏した楽器なども展示されています。
ホント広大です。
P1000890.jpg

新王宮前にある英雄広場と、その前にそびえ立つゴシック様式のの市庁舎が向こうにみえます。
P1000891.jpg

歩いて近づいてみると・・・・
P1000897_20091205061032.jpg

市庁舎前にはクリスマスツリーが飾られていました。
クリスマスシーズンは、色んな場所でツリーを目にすることができます!
P1000898.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
ウィーン旧市街の中心にひと際高くそびえ建つゴシック様式の大聖堂、
シュテファン寺院です☆
地下のカタコンベには、ハプスブルク一族の心臓以外の内臓の入った壺が
安置されているらしいです。ちょっと怖いです。歴代皇帝の儀式が行われた
ほか、モーツアルトの結婚式も、この寺院でおこなわれました。
ちなみに、こちらはシュテファン寺院の西側です。若干地味です。
P1000847.jpg

シュテファン広場から全容を見ることができます。
P1000848.jpg

シュテファン寺院の内部に入ると、バロック様式の主祭壇が見えます。
ちなみに、入場料は無料でした。
P1000851.jpg

ホント荘厳な雰囲気です。ステンドグラスからの光も美しく差し込んでいます。
P1000867.jpg

寺院の上には登ることができますよ。こちらは南塔です。
高さは137mになります。
P1000856.jpg

下から見たときは何となくしか、分かりませんでしたが、近くで見ると、
非常に細かい彫刻や細工が施されています。屋根の模様もハデハデで、豪華です!
P1000860.jpg

P1000861.jpg

下に下りてきて、もう一度、寺院全体を撮影しました。
でかいですよね~。
P1000869.jpg

絵葉書です。美しい~☆
P1040516寺院

向こうには、昨晩見た三位一体記念碑が見えます。
まだ、昼間なのに、日本の夕方のように暗くなってきました。
P10008712.jpg

ちょっと遅めの昼ごはんです。
昨日の晩はまともな食事も取れなかったので、食べられるときに食べるぞと
いうことで、チョイ豪華目にしました。大きな海老や、カレイのフライ?
などを注文しました。
P1000850.jpg
お腹いっぱいです。更に、ドンドン観光します。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
朝からマリエ・テレジアによって建てられた、ハプスブルグ家の夏の離宮、
シェーンブルン宮殿にやってきました。まずは、入り口で1枚☆
P1000824(宮殿前)
P1000825.jpg

門から入ってしばらくすると、宮殿前に到着。ホント広いんですよね。実際はまだまだあります。
ここにもクリスマスツリーが飾られています。
P1000826_20091201221207.jpg

宮殿内には豪華な広間やギャラリーが広がっています。
P1040517宮殿

宮殿を超えて、庭園内を歩きます。向こうに見える丘の上まで頑張って登ります。
丘の上は少し霞んでいます。
P1000827.jpg

どんどん歩いて丘の中腹から、宮殿を眺めると、工事中でした・・・
それにしても朝早くに訪れただけあって、観光客は全然いませんでした。
周りの林には、野生のリスや鳥がいて、ほんとのんびりした気分になれます。
12月のウィーンは底冷えするほど寒いんですが、ここまで登ってくる頃には、
少し汗をかく位に暖かくなってきました。
P1000833_20091201221206.jpg

やっと丘の上に到着です。かなりの距離です。この丘の上に建つのが、グロリエッテです。
P1000841_20091201221236.jpg
P1000843.jpg

丘の一番上まで登ってきました。ウィーン市内まで見渡せます。絶景です!!
P1000844.jpg

ネプチューンの噴水前です。ネプチューンとは海の神ポセイドンのことです。
P1000832彫刻

リアルな彫刻がほどこされています。遠くから見ると小さく見えたのですが、
近づくとかなりの大きさでした。
P1000845.jpg
P1000836.jpg
シェーンブルン宮殿はホント広大な敷地を有していました。ゆっくり散歩することができ、
非常にいい感じでした。この宮殿は、かのマリーアントワネットがモーツァルトに
プロポーズされた事でも有名な場所です。さすが世界遺産といった感じです。
さっ市内に戻って、昼間は、シュテファン寺院を訪れたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。