今日はフィレンツェにある美術館へ!
まずはシニョリーア広場すぐのウッフィツィ美術館にやってきました。
ここはイタリア最大のコレクション数といわれています。
ここもちゃんと日本から予約していきましょう。
じゃないと長時間待たないといけなくなります。予約は、時間指定します。
予約はここだけじゃなくて、アカデミア美術館や、メディチ家礼拝堂、
パラティーナ美術館など、多くの美術館・博物館が可能です。
P1010516.jpg

ウッフツィ美術館には、こりきちの大好きなボッティチェリ作の
「ヴィーナス誕生」が展示されています。最高です。
P1040352_20090919012216.jpg

こちらはボッティチェリ作の「春」。ほんとイタリア随一なだけあります。
他にもミケランジェロや、ラファエッロ、ダヴィンチの作品も多数展示されています。
こりきちたちがはまったのは、「受胎告知」。あんまり深くは聞かないでください。なっウサ~!
P9190006.jpg
この美術館はやたらと長い回廊が続きます。
若干疲れ気味。宗教画が多いせいでしょうか?
こりきち的にはイマイチ宗教画のよさが分かりません

ウッフィツィ美術館から、北へ1キロほど行ったところに、
世界的に有名なミケランジェロのダビテ像が展示されている
アカデミア美術館にやってきました!!
世界中にレプリカが展示されていますが、ここにあるのが本物。
写真撮影はできなかったので、ここでは購入した絵葉書の写真から。
P9190013.jpg

実際のダビテ像は顔と手と足が大きいのにびっくりしました。
若干、顔が大きくてバランスが微妙ですが、
イタリアのサッカー選手っぽい体系のようにも見えました。
P1040351.jpg

これはアカデミアで購入した小さな展示作品集です。
2ユーロで、お手ごろです。
P1040354.jpg

昼食を食べに、シニョリーア広場に戻ってきました。
そのあとは、すぐ横にあるヴェッキオ宮に入ることにしました。
外から見るより中は広々としていて、中庭もありました。
P1010786.jpg

P1010751.jpg

中は豪華絢爛です。
P1010752.jpg
天井の細工はほんとスゴイです。
P1010758.jpg

P1010766.jpg
ヴェッキオ宮は広くて、見るものも沢山あります。
鑑賞する人もそれだけ多いんですが。

ヴェッキオ宮をあとにして、まだ見てない場所へ出発です。
今回紹介できませんでしたが、これらのほかにも多くの教会や、美術館を訪れました。
歩きすぎて、旅の後半はふくらはぎがパンパンでした。
こりきちの旅には、アンメルツは必需品です。

こちらは「幸せの猪像」。触りまくりです。かなりリアルに作られてます。
P1010785.jpg

ふと立ち寄った市場。おいしそうな果物がいっぱいです。
ブドウ大好きのこりきちは、ここでも、ブドウを購入しました!
世界中のブドウを食べてます。
P1010720.jpg

これで、今回のイタリア旅行は終了。ミラノに戻って、KLMに乗って、関西に戻ります。
KLMのビジネスクラスは、かなり広くて快適です。一度是非乗ってみてください。
料理も最高!と、こりきち的には感じました。また、利用しようと思います。
ピサから列車でフィレンツェに戻ってきました。
まずは、ミケランジェロ広場に向かいました。ここにはバスで行くことができます。
ミケランジェロの大きなダビテ像(コピーです)が見られます。
P1010575.jpg

P1010589.jpg

ミケランジェロ広場から見えるヴェッキオ橋です。
夕方は黄昏な感じでいい感じです。
P1010577.jpg

P1010584.jpg
ここで少しのんびりした後は、夕食をしにシニョリーア広場に戻りました。

ヴェッキオ宮殿が面して建っているシニョリーア広場です。
座るところも沢山あって、夏だというのに少し涼しく、日本とは大違いです。
この広場にはレストランもあって、外で食事を楽しむこともできます。
少し、他よりは高くなりますが、雰囲気は中世といった感じで、
十分フィレンツェを満喫できます。
P1010591.jpg

P1010590.jpg
ヴェッキオ宮も夕方は趣が増します。

少し時間がたつと真っ暗になってきました。
P1010595.jpg

P1010597.jpg

広場のレストランで夕食を食べることにしました。
ステーキやパスタのボリュームはすごいものでした。
実際これに更に追加注文したので、相当な量を食べました。
やばいです。現在プロレスラーや柔道家かと外国の人に言われるこりきちですが、
こんなに食べたら相撲取りになってしまいます。
明日は沢山歩くことにします・・・
P1010517.jpg

P1010598.jpg

ホテルの近くの通りです。雰囲気最高です。
イタリアンジェラードも、ビールも売ってます。

フィレンツェはローマやナポリ、ミラノに比べて、
こりきち的には、町並みも、料理も、上品な感じがしました。

明日は早朝出発してヴェネチアに向かうことにしました。
今回はミラノ、フィレンツェ、シエナ、ピサ、ヴェネチアと移動が多いですが、
みなフィレンツェから近いので、早朝チケットを買って向かえば、十分楽しめますよ。
今日は朝からフィレンツェの象徴、ドゥオーモにやってきました。
左手前が洗礼堂、真ん中奥がドゥオーモ、右前がジョットの鐘楼です。
ドゥオーモあまりにも大きくて、近くで見ても全貌を捉える事はできません。
P1010469.jpg

P1010727.jpg

ドゥオーモです。中に入って上ることもできますが、
こりきちたちは、横にそびえ立つジョットの鐘楼から、
ドウオーモの天井、クーポラを見ることにしました。
P1010470.jpg

ドゥオーモ正面入り口です。沢山の人が順番待ちで並んでいるので、
昼間の暑い時間はきついかも知れません。
P1010783.jpg

P1010728.jpg

洗礼堂の入り口にある「天国の扉」です。
P1010782.jpg

クーポラの絵画は描くのが相当大変そうです。
P1010732.jpg

ステンドグラスも綺麗です。
P1010739.jpg

ジョットの鐘楼を上ることにしました。ここの階段は超急で、
異常に狭く、人が一人通るので精一杯といった感じ。
降りてくる人とすれ違うのはかなり窮屈で、上から降りてくる
巨漢の白人女性がこりきちの横を通るのが難しく、
このまま階段に閉じ込められるんじゃないかと思うほど、狭いものでした。
若干気分悪くなりそうでした。中はぎゅうぎゅうなので、暑いですしね。

ただ上ってしまえば、フィレンツェを見渡すことができて、最高ですよ。
P1010472.jpg

上れば、クーポラを見ることもできます。
P1010482.jpg

真ん中に見えるのがヴェッキオ宮です。
P1010487.jpg

また、階段を下りて、ホテルに戻ることにしました。途中ヴェッキオ橋が見えました。
この橋の上には、宝石店が軒を連ねています。フィレンツェ最古の橋です。
P1010498.jpg

帰り道にイタリアンジェラードを食べました。
色とりどりで見た目も味もおいしかったです☆
P1010493.jpg

明日は斜塔を見に、急遽ピサへ!!
学芸の都、フィレンツェに到着しました。
ここは中央駅前。
P1010393.jpg

ホテルまで少しありそうです。石畳の道を歩きながら、ホテルを探し始めました。
ネットで予約しましたが、地図もちゃんとついてるで、問題ないと思って探していましたが、
いくら探しても、地図の場所にはホテルはありません。
結局、全く地図とは違うところにホテルがあって、到着時にくたくたでした。
でも、古くて歴史を感じさせるホテルでいい感じでした。ホテルの名前は「ピエール」です。

ホテルのすぐ近くにシニョリーア広場があり、その前にこの建物、ヴェッキオ宮がそびえ立っていました。
ヴェッキオ宮は、羊達の沈黙の続編で、同じ作家により描かれた「ハンニバル」という
小説の舞台になる場所。
映画化もされました。実際原作と映画では、全く結末が違うんですが、
羊達の沈黙の主演だったジョディーフォスターが内容があまりにも残酷なため、
出演を断ったことでも有名です。こりきちも映画を見た後で、
見たことを少し後悔しました。この人の作品は、単に怖いというのではなく、
精神的(精神科医的)発想が多くて、重くのしかかるような恐怖があります。

このヴェッキオ宮で、映画の主役であるハンニバルレクターをかぎ回っている
イタリア人のパッツィ刑事が、このヴェッキオ宮で殺害されるシーンがあるのですが、
その映像が目に浮かび、ちょっとぞっとしました。
P1010397.jpg
P1040357.jpg

ヴェッキオ宮は、ここシニョリーア広場に面して立っているのですが、
この広場には多くの著名な彫刻作品が展示されていて、
ほんと学芸の都を感じさせてくれる場所です。
こりきちの好きなミケランジェロやダヴィンチもこの町で過ごしました。感慨深いです。
P1010398.jpg

この広場のすぐ横、この写真でいえば左側の建物が、
メディチ家が集めたコレクションでいっぱいの
ウッフィツィ美術館です。この当たりは、中世そのものといった感じで、
今が現代であることを忘れさせてくれる、不思議な空間でした。
P1010400.jpg

P1010401.jpg

この広場で少しのんびりして、続いて、宗教の中心であるドゥオーモ、
洗礼堂、ジョットの鐘楼の前を歩くことにしました。今日は遅いので、
また後日、中に入ることにしました。

P1010395.jpg

P1010405.jpg

手前がジョットの鐘楼、奥がドゥオーモです。非常に大きいです。
P1010404.jpg

今日は1日移動とホテル探しと、散策で疲れました。
明日は、また、急遽列車に乗って、トスカーナの町、シエナに向かうことにしました。
ヨーロッパで、パリやローマ、バルセロナ、ここフィレンツェも大好きですが、
シエナは小さな町の割には、他の大きな町と同じくらい、こりきちの好きな町のひとつです。
シエナについては、次回紹介します。