上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンマルコ寺院の中に入りました。
中央祭壇の後ろにあるパラ・ドーロ!!
宝石がちりばめられていて、豪華絢爛☆☆☆
そのほかにも沢山の財宝が展示されています。
P1010665.jpg

サンマルコ寺院の丸天井はモザイク画になっていて、
旧約聖書からテーマをとってきているらしいです。
P1010668.jpg

ちなみにサンマルコ寺院は入場時に服装チェックがあるので、要注意!

サンマルコ寺院の上にを上って、外を眺めると、サンマルコ広場と、運河が見渡せます。
ホント良い天気になってきました。
P1010672.jpg

穏やかな気分になれます。広場から少し離れると土産物屋でいっぱいです☆
P1010675.jpg

多くの人が行きかっていますが、運河を見るとのんびりと
落ち着いた気分になれます。
P1010681.jpg

ここも非常に有名な観光スポット、「溜息の橋」です。
ドゥカーレ宮の地下牢獄とつながっていて、この橋を渡ると二度と
この世に戻って来れないと言われる悲しい、溜息の出る橋です。
こりきちには棺のようにも見えました。
P1010685.jpg
それでも観光客はシャッターきりまくりです。こりきちもその一人ですが。

ヴェネチアはホント人が多くてごみごみしていますが、一歩細い路地に入ると
静けさが感じ取れて、不思議な空間が存在しています。
このニュアンス分かってもらえるかな?派手さだけじゃないんですよね。

今回、こりきちはヴェネチアではほとんど何も買いませんでしたが、
ちょっとしたものを買いました。いつもお土産買いまくりなんですが。
もっとまともなもの、ヴェネチアングラスとか買うべきだったかな?
まっ運ぶの大変ですしね。
P1010634.jpg

P1040342.jpg

ちなみにこの時計はヴェネチアングラスを
沢山売っていたショップで、安くて、何となく気に入って買ったものです。
今見ると・・・ですが、でも結構気に入ってます。
正確な時間は全く分かりませんが・・・
P1040358.jpg

スポンサーサイト
朝早くに頑張って起きて、ヴェネチアに向かうことにしました。
ヴェネチアまで向かう途中はどんよりとした雲に覆われ、
雨模様で、ちょっとテンション下がり気味。
P1010605.jpg

でも、ヴェネチアに到着してみると、曇ってはいましたが、雨は降っておらず、
楽しめそうな雰囲気なんで、少しテンションあがってきました↑
P1010618.jpg

ヴェネチアといえば運河というイメージですが、
市内は中世のヨーロッパの街並みが広がり、細い路地なんかもあって、
観光地だけではない面も見てとれます。
P1010629.jpg

カーニバルに使うための仮面もたくさん売っています。
きらびやかで、豪華です。大きなものから観賞用の小さなものまで、
大小さまざまな物が売っています。
P1010614.jpg

ヴェネチアの代名詞である、運河がいたるところに広がっています。
船もたくさん行き交っていて、いい感じです。
P1010636.jpg

しばらく歩いていると、サンマルコ広場に到着しました。
到着してすぐ目に入ってくるのは、大鐘楼です。
P1010645.jpg

そしてこちらが、サンマルコ寺院。巨大です。それにすごい人が観光に訪れています。
広場にはハトがたくさんいて、すごいことになっています。
P1010648.jpg

サンマルコ寺院の前で記念撮影をしていると、急に天気が良くなってきました。
何かこりきち達はついているみたいです(笑)★
P1010660.jpg

真っ青な青空に大鐘楼がひと際美しく天に昇るようにそびえ立っています。
P1010686.jpg

サンマルコ寺院に入ろうと思いましたが、長蛇の列ができていたので、
時間をずらすために、カナル・グランデ(大運河)を船に乗って散策することにしました。
船に乗っていて、一番目だったのが、このサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会です。
美しい形をしています。
P1010691.jpg

こちらはリアルト橋です。この橋のレプリカが、
先日訪れたラスベガスにもあったように思います。
橋の上にはたくさんの人です。
P1010702.jpg

P1010695.jpg

このあとはサンマルコ寺院や他にもたくさんの教会を訪れる予定です。
買い物もしたいですしね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。