上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットをつかって、他のビーチの情報を確認していたら、
トカシク、阿波連ビーチ以外にも、ビーチがあるということで、
車を飛ばして、浦の海というところにやってきました。
以前にもここをおとずれたことはあったのですが、
泳げる雰囲気が感じ取れなかったので、景色の写真だけ撮って、帰った覚えがあります。
天気がいい時はホント、キレイな景色なんですが・・・
でも今日は、曇っていて、水温も体感的には相当低い感じ。
ウサは泳がず、海岸でこりきちを待っててくれます。

浦の海は、トカシクや阿波連とは逆側の海で、流れもほとんどなく
穏やかな海でした。でも沖は流れが速いみたいなので、要注意です。
P1040452地図

P1040450.jpg

沖縄ではよく見かけるムラサメモンガラです。
色がきれいです。不細工ですが(笑)。
PA100106.jpg

デバススメダイの群れと、ミスジリュウキュウスズメダイです。
思っていた以上に、魚を見ることができました。
ちなみにここで泳いでいる人を見たことないなあ・・・
このときもこりきちだけで、人影すら見当たりませんでした。さみしい・・・
PA100116.jpg

サザナミヤッコだと思います。すごい派手な柄です。
目立ちすぎでは?
PA100114.jpg

天気も徐々に荒れてきた感じ。そろそろ海から出ようかと岸に戻る途中で、
右腕にちくちくする痛みが。よく見るとクラゲに刺されてました。
かゆみ止めは持っていたので、塗りましたが、みみずばれのまま。
那覇に戻って、専用の薬を買うことにしました。

17時の那覇行きに乗って、帰ります。
ちなみに船の予約は行き帰りともしておいたので、乗れないことはないんですが、
家族や恋人、友人達と近くに座って帰りたいたいなら、
少し前に船着場で待っておいたほうが良いかも。
ぎりぎりだと、混雑時に席がほとんど空いてないってこともあるので。

船に乗る少し前から、ぽつぽつと雨が降り出しました。
でも、那覇に着くとほとんど雨も上がってました。ラッキーです。
今日は1日潜りっぱなしでした。潜っている最中は雨も降らず、ついてました!

さっホテルで少し休憩したら、晩御飯を食べにマキシ公設市場に向かいます!

マキシ公設市場です。
皮を剥がれたハリセンボンや、豚の顔まで売っています。
ここで購入した品物を、2階の食堂で調理してもらうこともできますよ。
PA100121.jpg

ラフテーに、こりきちの大好きなジーマミ豆腐です。両方とも濃厚です。
コピー ~ PA100123

熱帯魚の刺身に、げその天ぷらです。
ビールが進みます!ぐびっぐびっぐびっ
コピー ~ PA100125

パパイヤーチャンプルーもおいしいです。決して甘くはないですよ。
甘く熟れる前のパパイヤを使用しています。
P1000172.jpg

こりきち達が料理をほおばっていると、隣に座っていた夫婦?がこりきちを見て、
「注文したハリセンボンのから揚げが、二人で食べ切れそうにないので、
食べてほしい」と言ってきました。そんなに食べそうにみえるかな?
遠慮なく頂きましたけど。味はフグの仲間だけあって、あっさりとしていて
淡白な味です。おいしく頂きました。
P1000173.jpg
最近こりきちは職場の女の子や先輩にまで、ゴリマッチョ化していると、
言われます。華奢になりたいこりきちです・・・

夕食を済ませて、国際どおりをうろうろ。南国らしく、
パイナップルやスターフルーツ、ドランゴンフルーツなんかも売られています。
コピー ~ PA100127

コピー ~ PA100128

ここはこりきちの大好きな「海想」です。今回もまた買い物してしまいました。
コピー ~ PA100131

明日は本島の海に潜りに行きます。雨が降らないと良いなあ。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
スポンサーサイト
トカシクビーチです。天気がいいと、
透き通る水色の海を見ることができるんですが、
曇り気味でどんよりした天候。でも、3連休でも、人はまばらで
自由に泳ぐことができて、いい感じです!
P1000140.jpg

これは、チョウハンというチョウチョウウオの仲間です。
初めて見ました。よく見るチョウチョウウオと違って、
黄色が濃くて、白色部分が少ない魚です。
群れを作るとホントきれいですよ。
PA100060.jpg

こちらは悪名高いゴマモンガラ!
体長50cm近くあったんじゃないでしょうか。
産卵期になると、人にも襲いかかって来るらしいです。怖いです。
サンゴやウニも殻ごと砕いて食べる強靭な口のため、
腕を噛まれたりして、縫うけがをすることもあるので、要注意です。
PA100065ゴマモンガラ

今まさに、サンゴの下を掘り起こして、餌を探しています。
目の前で見ると、ホントすごい迫力でした。目が白っぽいのも特徴です。

ゴマモンガラの周りには、トゲチョウチョウウオ(黄色と白と黒)や、
ミスジリュウキュウスズメダイ(白と黒の縞模様)、カワリブダイ(青緑色)が
おこぼれにあずかろうとして、集まってきています。
PA100067.jpg

ヘラヤガラです。餌を吸い込むようにして、食べます。黄色は珍しいです。
PA100078.jpg

ネッタイスズメダイです。慶良間諸島では、よく見られます。
PA100081.jpg

デバスズメダイです。暗くて見えにくいですが、慶良間や本島などでは、
一番多くみられるんじゃないでしょうか。数がすごいです。
PA100077.jpg

デバスズメダイの動画です!
すごい数のデバスズメダイがこりきちに向かって泳いできたり、
驚いて遠くへ離れたりする動きがすごく面白いですよ。
デバスズメダイがいっぱい!

阿波連ビーチに移動してきました。一番人気の阿波連ビーチですが、人はまばらでした。
少し水温が低いせいか、ビーチでのんびりしている人のほうが、多いような感じです。
ウサも潜らず、ビーチや岩陰をうろうろしてました。
P1000143.jpg

ライオンが2頭いるように見えませんか?春に来た時は気がつかなかったんですが、
立派な雄ライオンがいるように見えます。
P1040442.jpg

こりきちは相変わらず、水中を散策中です。こりきち的には、阿波連より、
やぱっりトカシクの方が魚も多いし、カメもいるのですきかな。
P1000146korikiti.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
曇っていたので、イマイチ、透明度にかけますが、
色んな種類の魚に出会うことができました。
ここからはウサも一緒にシュノーケリングです!

こちらはハマフエフキ。鯛の仲間で、全長40cmほどでしょうか。
口がとんがっていて、口笛を吹きそうでしょ。
PA100056.jpg

キヘリモンガラです。浅瀬に生息していた、不細工な顔が
結構かわいいやつです。でも、繁殖期は狂暴なので注意です。
PA100039.jpg

ついにいました。クマノミです。といっても映画ニモに出てくるカクレクマノミではなくて、
おそらくクマノミか、トウアカクマノミだと思います。体長10cmほどで、
結構近くまで寄ってきます。かわいいです。
SANY0035.jpg
SANY0036.jpg

見えますかね?ツノダシに似ていますが、もっと星型に近くて、可愛いやつです。
ミナミハタタテダイの幼魚だと思います。違うかな?
PA100038.jpg

またまたウミガメに遭遇。アカウミガメです。
ウサを呼んで、一緒に見ることができました。やっぱりでかいです。
PA100041.jpg

今回遭遇したウミガメの動画がみれます。
こりきちのデジカメで撮影したので、若干見ずらいですが、可愛いですよ。
渡嘉敷のウミガメ

コバンザメは腹側にくっついたり、背中にくっついたりと忙しくしてます。
PA100042.jpg

PA100043.jpg

こりきちの左足とウミガメのツーショットです。ウサの撮影です。
PA100044.jpg

こりきちのセクシーショットです(笑)。
こりきちはこの格好で、1日中ずっと泳ぎっぱなしでした。
立ち泳ぎは大変です。ウサはちゃんとライフジャケットを着て、
快適そうに浮かんでました。ぷ~かぷか~
通常天気が良ければ、この時期でも、問題なく泳ぐことができるんですが、
この日は結構、水温が冷たく感じました。
PA100045水中のこりきち

この後、2匹のカメは沖に出て行ってしまいました。
いや~それにしても興奮しました。
今度は天気のいい時に、また遊びに来たいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
今朝は9時渡嘉敷行きの高速マリンライナーに乗って、
渡嘉敷島にやってきました。

今年の春に渡嘉敷を訪れた際は、ガラガラだった船も、今日は満席です。
世界有数の透明度と、魚の数ということで、多くの外国人もこられてました。
連休中は、台風が過ぎ去って3日ほど経過していましたが、若干曇りがちで、
時折、日がさす程度でした。天気がいいとほんとに海がスカイブルーで、
気持ち良いいいんですが、晩には雨が降るかもということで、天気が心配でした。
P1000159.jpg
高速マリンライナーだと30分くらいで、那覇から渡嘉敷についてしまいます。
あっという間です。

渡嘉敷島には、メインのビーチが二つあって、観光客の多い阿波連ビーチと、
カメが生息して、よく目撃されるとの話の、トカシクビーチがあります。
クチコミ情報によると、ウミガメは暖かくなる前の午前中に、
トカシクビーチで目撃されるとのことでした。
今回はどうしても、ウミガメを見たかったので、
阿波連は昼から訪れることにして、まずはトカシクビーチに向かいました。

港からはレンタカーを借りて、山を登って、ビーチに向かいます。
5分ほどでトカシクビーチについてしまいます。
こちら(今年10月)がトカシクビーチ。
晴れている(今年4月)と、その下のような景色を見ることができます。
PA100002.jpg
晴れるとこんな感じP1000390
トカシクビーチ近くでは無料シャワーや脱衣場がありますが、施設使用料を払えば、
温水シャワーのあるホテルの脱衣場などを利用することができます。
ライフジャケットや、浮き輪などの貸し出しもしているので、泳げない人にも安心です。

トカシクビーチは岸から10mもしないうちに、180cmの身長のこりきちでも
足が届かない深さになります。
今回のこりきちは、シュノーケリングということもあって、
酸素ボンベやライフジャケット、フィン、ウェットスーツなど一切なしで、
海パンひとつでシュノーケルとゴーグルだけで泳いでました。
野生児こりきちです(笑)。

海に入って早々に、ウミヘビに出くわしました。今年4月には産卵期後ということもあって、
そこら中でウミヘビに遭遇して、追いかけられることもありましたが、
今回はこの一匹だけでした。実際の大きさは30cmほどで小さいものでした。
PA100005.jpg

泳ぎ始めて数分くらいで、なんとウミガメにいきなり遭遇!!!
前回訪れたときは昼すぎで、数時間潜ってましたが、遭遇することができなかったのに、
今回はいきなりです。やっぱ午前中に来たのがよかったのでしょうか。
天気はイマイチで雲空、海の透明度も落ちていましたが、今回の旅の一番の目的、
「ウミガメに会う」ことができて、こりきちは大興奮です。
PA100006.jpg

体長は60~70cmほどでしょうか?2匹のウミガメが離れて、
海底の海草を食べながら、泳いでました。超可愛いです。
PA100020.jpg

大きなコバンザメが2匹、ウミガメの背中や腹側に張り付いてました。
水中なのでコバンザメの体重は問題ないんでしょうが、
なんだか凄く重そうに見えます(笑)。
PA100010.jpg

こりきちが真上を泳いでいても、全く警戒する様子もなく、
ただひたすら食事中です。可愛すぎです☆
PA100013.jpg

今回はウミガメ撮影用に、今までみたいに通常のデジカメに専用のカバーをつけて
撮影するのではなく、カバーなしで、水中撮影ができるOLYMPUS製のカメラを購入して、
撮影しました。カバーがない分、操作が楽チンでした。
PA100014.jpg

水面まで上がって息継息継ぎが終わるとまた、海底の海草に向かって、一目散に潜り始めました。
食欲旺盛です(笑)。目が特にかわいいです!
PA100018.jpg

このとき、こりきち一人でカメに遭遇したのですが、ウサはまだ、
岸でパシャパシャしてるだけでした。でも、カメがいることが分かったので、
ウサもライフジャケットを借りて、一緒に潜ることにしました。ウサもみれるといいなあ。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
次は渡嘉志久ビーチへ移動してきました。
こちらはウミガメポイントです。
ビーチの周りは木陰もあって、日焼けしたくない人にものんびり過ごせる場所です。

P1030044.jpg

ビーチにはこりきちとウサ以外には、数人の家族連れと、外国人のカップル1組だけと、
貸切状態でした―☆
P1000415.jpg

ムラサメモンガラが泳いでます。この魚も沖縄ではよく見られます。
P1030030.jpg

ここの水深は1.5mほど。浅瀬に突然サンゴ礁が現れました。
何か沢山の魚が見えてきました。
P1030004.jpg

すごい数の魚です。
水色でめちゃめちゃ綺麗です。テンション上がります↑
P1030028.jpg

めっちゃ綺麗です。こんない浅瀬でこんなに沢山の魚の群れは、めったに見れません。
ちなみにこの場所5m四方だけが、サンゴ礁で、その周りは白い砂浜です。
P1030029_20100923083427.jpg

ただ、この後、ウミヘビが2匹登場して、写真を撮ろうとしたら、おいかけられる羽目になって
久々本気で逃げました(笑)。笑い事じゃないですけど。
後で調べてみると、このときは産卵期後で、多くのウミヘビが発生していて、
人にもよってくるそうです。

また、長いものに巻きつこうとする習性があるらしく、こりきちの伸ばした腕に
巻きつこうとしたみたいです。猛毒はありますが、人に危害を加えことはほとんどなく、
また、ウミヘビの頭は小さく、毒の量も少ないので、危険性はかなり低いみたいです。
でも、十分に気をつけることは必要ですがね。
写真はうまくとれず残念でした・・・苦労したんですが(涙)
縞模様で、結構太くて、気持ち悪かったなあ。

P1030034.jpg

P1030041.jpg

P1030036.jpg

この魚はなんていうんでしょうか?口が平べったく広がっています。
変な顔です。のんびりと漂ってました。
P1030039.jpg

渡嘉敷は山が多いので、バイクでのツーリングとかは結構きついかもしれませんね。
でも、山が多い分、絶景ポイント、夕焼けポイントも多いので、泊まりで来るのもいいと思います。

こりきち達は日帰りでしたが、十分楽しめました。
今年中に、もう一度訪れたいと思います。

夜は、那覇に16:00の船で戻って、国際通り近くの牧志(マキシ)公設市場の
2階で郷土料理を満喫します★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。