古座間味のシュノーケリングを終えて、水しか出ないシャワーを公園で浴びて、
まずは、さっぱりしました。人がいないことをいいことに、こんな公園のど真ん中で
裸でシャワーを浴びてたら、夏場なら、えらい事になってたでしょうね(笑)。
それにしても水が冷たかったなあ~

続いて、今度は座間味島にある展望台を急いで回りたいと思います。
ここは、高月山園地です。ほとんど誰にも会わずに、絶景を楽しむことができましたよ!
P1050672.jpg

冬場の高月山園地なら、運がよければ、ホエールウォッチングも楽しむことができます。
P1050667_20100426082243.jpg

さっきまで潜っていた古座間味ビーチが見えます!
P1050683.jpg

展望所ごとに全く異なる景色が楽しめます。
特にここ座間味島は慶良間諸島の一つの島のため、周りには渡嘉敷島や、安室島、阿嘉島、
慶留間島など沢山の島を眺めることができます。
P1050692.jpg

P1050697.jpg

高月山園地といっても、数箇所あります。他にも沢山の展望所がありますよ。
途中道に迷って、かなりの時間をロスしましたが、島中の展望所を見学することができました。
P1050702.jpg

そろそろ港に戻って、那覇に戻ります。フェリーの中では、こりきちもウサも爆睡でした。
P1050711.jpg

那覇の泊港に到着です。朝から夕方まで、おもいっきり座間味を楽しむことができました。
今度は夏場の海に潜りにきたいと思います。
P1050713.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
ミツボシクロスズメダイや、デバスズメダイ、それにクマノミ、
ツノダシまで泳いでいます。魚の種類が非常に多くて飽きないなあ~
[広告] VPS


ヒレナガハギです。ゼブラ柄とでも言うんですかね。
P4110159.jpg

春先の座間味島は、珊瑚が元気に成長する時期です。
座間味の珊瑚も温暖化等により、破壊が進んでいますが、
それでも新たな命が誕生しています!
P4110162.jpg

ヒフキアイゴです。派手な彩色に、尖がった口が特徴的です。
座間味ではよく見かける奴です。
P4110167.jpg

クマノミのカップルです。座間味島ではホント、クマノミに遭遇できて楽しいです。
P4110170.jpg

ツノハタタテダイの幼魚です。近づくと少し離れますが、遠くに逃げたりはしませんよ。
P4110184.jpg

ミツボシクロスズメダイです。産卵期に巣に近づくと、
グーグーと威嚇音を発して、寄ってきます。
人の目の前までやってくるので、こうゆう風に、アップ写真も
簡単に取ることができますよ。
P4110186.jpg
朝からずっと潜りっぱなしでした。
この後は、展望台など、座間味の観光地をめぐりたいと思います。絶景ですよ~

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
ハマフエフキです。体長は40cm位でしょうか。
こりきちが近づいても動じることなく、優雅にこりきちの横を泳いでいきました。
P4110124.jpg

いろんな種類の魚がいますよね。名前が分からないものも結構います。
P4110133.jpg

こちらは色鮮やかなオウムブダイです。沖縄の海ではよく見かけるやつです。
P4110135.jpg

そして、古座間味でも発見!クマノミです。
古座間味は、阿真ビーチに比べて、エントリーすると結構すぐに深くなります。
この辺りは水深5mくらいかな~
P4110139.jpg

クマノミの真正面の顔です。
ちなみにこれは、こりきちを威嚇しているみたいです。怖くないですけどね。
P4110140.jpg

[広告] VPS


中央の筋がはっきりとしているのが、ミスジチョウチョウウオで、
中央下の水色の体色の魚が、スミツキトノサマダイです。
そして、左側の魚が、サザナミハギでしょうかね?
P4110144.jpg

こちらはツノダシです。このツノダシの背びれはホント長いですよね。
P4110149.jpg

凄い魚の群れですよ。ホント古座間味は魚の種類が多くて、いくら潜っていても飽きませんね~
[広告] VPS

まだまだ、古座間味の海を楽しみますよ~

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
古座間味に向かう前に、まずは食料を購入します。
座間味にはあまりお店はないんですが、ここの小さな商店では、
弁当も売っているので助かりました!
P1050652.jpg

この商店の目の前の民家には、シーサーの置物がいっぱい。
P1050653.jpg

購入した弁当を手に、古座間味ビーチで昼食です。いい天気で、気持ちいいです。
P4110120.jpg

ビーチに降り立つ前に、1枚パシャリ☆
P1050662.jpg

手に持っている弁当の目の前はこんな景色が広がっています!ホント海の色は美しく、スカイブルーです!
P4110121.jpg

古座間味ビーチの左側です。人が全然いませんよね~
P4110118.jpg

そしてこっちが、シュノーケリングやダイピングスポットの右側のメインビーチです。
サンゴ礁が見えますよね。こちらには少し人がいますよね。よく見ると外人さんばかり。
座間味島・渡嘉敷島をはじめ、慶良間諸島は、世界中のダイバーにも有名なので、
多くの外国人の方に出会うことができますよ。
P4110119.jpg
それじゃあ、腹ごしらえも済ませたので、シュノーケリングスタートです!!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
阿真ビーチには、いろんな種類の魚を、すぐ目の前で観察することができますよ!

目の前を小さな透き通った魚の群れが横切りました。
ホント透明でキレイです!関西でよく食べられる佃煮のイカナゴみたいにもみえますね。
P4110106.jpg

こっちはモンツキアカヒメジ。パッチリした目をしてます。
P4110099.jpg

ヤマブキベラの頭です。超派手な色です。
P4110101.jpg

P4110089.jpg

こちらはこりきちのお気に入り。クマノミです。
クマノミには、映画で有名なカクレクマノミや、この写真のクマノミ、
トウアカクマノミ、白線が1本のハマクマノミなんかがいます。
クマノミは子供が大きくなるまで守りながら、一緒に暮らします。
仲がいいですよね。色が明るいのが子供で、色の濃いのが親です。
P4110093.jpg

クマノミは、イソンギンチャクの中にいる時間が長く、
一端住み着くと、同じ場所でずっと暮らすことが多いようです。
P4110094.jpg

P4110111.jpg

子供の方が、体色が派手ですよね。
親は子供を守るため、必死な顔をしているように見えませんか?
P4110108_20100421221343.jpg

P4110110.jpg

クマノミがカメラ目線なのは、子供を守っている親が威嚇しているからです。
結構追いかけてきますよ。小さいんで全然怖くはないんですが(笑)。
P4110114.jpg

こちらは犬面魚?ではなくて、コクテンフグです。
こりきちは今回はじめてみました。ちょっと顔が哺乳類っぽいので、
気持ち悪いような、可愛いような気がします。
P4110103.jpg

この後は、座間味島だけでなく世界でも有数の熱帯魚の宝庫、古座間味ビーチに向かいます!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★