阿嘉ビーチで、ウミガメと一緒にゆったりとした時間を過ごした後は、
続いて、今回、どうしても訪れたいと思っていたクシバル(後原)ビーチに向かいます。

クシバルは、歩いて行くには、何時間もかかるらしく、民宿などの方も、
山あり谷ありの長い道のりを走らなくては着けないため、行くのを嫌がるらしいです。

今回、こりきちたちは、原付バイクをレンタルして、
ゆっくり、長い道のりを進んでいきます。距離は数キロなんですが、
道が舗装されてなかったり、道に穴が開いていたり、大きな木が道に落ちていたり、
急こう配の砂利道を走ったりと、ビーチに到着するまでに、結構くたくたになる感じです。

人もほとんどいなくて、まさにプライベートビーチといった雰囲気です。
たまに、地元の方がやってくるくらいのようです。
P1050737_20130602233918.jpg

この島にやってくる前に、念入りに、クシバルビーチのどの辺りに、
魚が多いか調べてきたので、その場所に一直線で泳いで進んでいきます。
少し曇りがちなのが、残念ですが、風もなく穏やかな海です。

ここは、干潮だと浅くなりすぎて泳げないようですが、満潮だと、
潮の流れが速くて危険とのこと。今回は、満潮から時間も経っていたので、
流れもほとんどなく、シュノーケリングには、良さそうです!
DSCF0215.jpg

ニシハマのような派手さはないけど、阿嘉ビーチよりも、魚の数は多いみたいです。
IMGP0236.jpg
IMGP0217.jpg

このビーチには、クマノミやハマクマノミがいっぱいいるんですよ。
IMGP0208.jpg

こっちは、クマノミの子供です。人が近づくと、
威嚇するために迫ってくるんですよ。全然怖くはないですけどね(笑)。
IMGP0207.jpg

こちらは、ハマクマノミの家族。ほんと、色んな場所で会えますよ。
IMGP0226.jpg
IMGP0219.jpg

こっちは、ウケグチイットウダイの群れです。この魚は、岩陰の下にじっとしていて、
普段は出てこないんですが、このビーチは人もいないせいか、安心しきっていて、
こりきちの前にも、何度も登場してくれました。
IMGP0205.jpg

IMGP0186.jpg

こりきちのお気に入り!ミナミハコフグです!臆病者ですぐに逃げてしまい、
写真を撮るのが大変です。体表面には毒があるので、触っちゃだめですよ。
IMGP0183.jpg

ツノハタタテダイの幼魚です。
他にも紹介できない位、たくさんの種類の魚に出会えましたよ!
IMGP0230.jpg

そして、このビーチ最後は、ウミヘビです!
阿嘉島をはじめ、慶良間諸島の4月・5月はホントウミヘビが多いんですよね。
今日も何匹も遭遇しています。初めは怖くて仕方なかったですが、
最近は見慣れてきました。でも、やっぱ気持ちが悪いいなあ~[広告] VPS

そろそろ、船の出航時間が近づいてきたので、港に戻ります。
クシバルビーチから、また、山道を戻ります。途中絶景ポイントで、1枚パシャリ!
いや~クシバルビーチは初めてでしたが、満足しました!
P1050743_20130602233918.jpg
これから、レンタバイク屋さんで、シャワーを浴びて、那覇の泊港に戻ります。
また、阿嘉島を訪れたいと思います!!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
ニシハマからレンタバイクに乗って、阿嘉港のすぐ横にある、
阿嘉ビーチへやってきました。

ここには、以前にも訪れたことがあるんですが、その際は、1匹の体長50cmほどの
可愛い子ガメと一緒に泳ぐことができました。

ただ、去年の情報だと、観光客がウミガメに触ってしまってから、ここには
最近訪れなくたっとのこと。
今回出会えるか不安ですが、ひとまず、海に潜ってみることにしました。

この時、こりきち以外に潜っていたのは、一人の女の子だけ。
太陽には、少し雲がかかっていて、少し肌寒いです。ウサは海岸で、留守番です。

海に入ると、以前に訪れた時と同様、大きなサンゴが出迎えてくれました。
ここは、世界でも有数のサンゴに覆われた地形をしていて、
静かで、波も全くありません。
IMGP0137.jpg

海底に目を向けると、ハマクマノミの家族を発見することができました!
IMGP0125.jpg

こちらのブダイは、掃除屋さんのベラに、体についた寄生虫を
掃除してもらっているのを観察できました。
IMGP0135.jpg

ゴマモンガラも発見!こいつは、繁殖期になると、人間でも襲って来る凶暴な魚です。
顔が怖いですよね。この大きな歯を使って、サンゴや岩をバリバリかじりながら、
食べ物を探したりします。
IMGP0123.jpg

こっちはモンガラカワハギです。色が鮮やかです。
IMGP0118.jpg

ミズタマハゼのツガイです。よく見ると頬に水玉模様があるんですよ。
IMGP0170.jpg

しばらくビーチ内を泳いでいても、ウミガメには出会うことができなかったので、
あまりサンゴがなく、浅瀬に移動してきました。すると!
IMGP0145.jpg

ウミガメ発見です!甲羅がきれいで、中型の大きさです。
甲羅の模様をよく見ると、以前に出会った子ガメが少し大人になったみたいです。
IMGP0151.jpg
 
動画もアップしますね!癒されますよ~こりきちとの距離は2m位かな~[広告] VPS

ウミガメに会うのは、少し諦めかけていただけに、非常に興奮しましたよ。
IMGP0157.jpg

ずっと一緒に泳いでいても、ウミガメはこちらのことには、
全く気にすることは優雅にのんびり餌探しです。
IMGP0165.jpg

ぱっちりした目がかわいいですよね~また、ここに戻ってこようと思います!
阿嘉島を訪れるたびに、必ずウミガメに出会えているので、ホントにラッキーでした!
IMGP0167.jpg
この後は、阿嘉島の中でも、秘境ビーチ!クシバルビーチに、
バイクで山を登ったり、下ったりしながら、向かいます!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
朝一の那覇市、泊港発、阿嘉島行の高速フェリーに乗って、
約50分ほどで、阿嘉島に到着です!この日はいい天気で最高!
ちなみに、高速フェリーは事前予約しておいた方が安心です!
P1050716_20130519090402.jpg

阿嘉島港から歩いてすぐの場所に、レンタバイクのお店があります。
いかにも島人(しまんちゅ)といった風貌のおじさんが、対応してくれます。
そこで、予約しておいた原付バイクを借りて、そのまま、北浜(ニシハマ)に向かいます。
「北浜」なのに、「ニシハマ」と読みます!ややこしい~

今回は、自転車や徒歩では行けず、民宿などのバスでも行くのを断れちゃう珍しい山越えの
ビーチ(クシバル)を初訪問したいので、絶対にバイクが必要なんですよね。

ということで、ニシハマに到着です!真っ青な海に、真っ青な空!
超気持ちがいいです。ここは真夏の時期には、多くの観光客で、
ビーチパラソルがいっぱい立っているんですが、さすがに、この5月は人もまばらです。
P1050720.jpg

こりきちは、ここで1枚パシャリ☆昨日のシュノーケリングでは、
海水温が低く過ぎて凍えてしまったので、昨夜、急きょ、ウェットスーツを購入。
気に入ったスーツは、こりきちの腕や胸が入らなくて(XLなのに・・・)、
しょうがなくこの色になっちゃいました。まあまあですかね~
DSCF0106kk.jpg

海に入ると、すぐにクマノミを発見!ニシハマはしばらく遠浅なサンゴのかけらで
敷き詰められた海を超えると、透明度の高い、少し深めの海が続きます。
DSCF0126.jpg

凄い数の熱帯魚たちにも何度も出会えますよ!
ニシハマは、日本のあるシュノーケリングスポットを紹介しているサイトで、
常にNo.1ビーチに選ばれているだけのことはありますよ。
DSCF0144.jpg

こっちは、モンガラカワハギです。派手な模様です!
IMGP0087.jpg

タテジマキンチャクダイを発見!!この魚は、ダイバーに非常に人気。
見た目がとても豪華でですよね。
IMGP0089.jpg

ウミヘビも発見しました。初めて見たときは、すごく焦りましたが、
最近は慣れてしまって、余裕をもって写真撮影に成功!
それでも、海の中でのウミヘビの泳ぐスピードは陸上のヘビよりも
かなり早いので、あんまり近づきすぎない方がいいかもしれませんね。
IMGP0092.jpg

沖縄や、ハワイでもよく見返るヨスジフエダイです。たくさんの群れを成しながら、
ゆっくりと泳ぐ姿は、見るものを癒してくれるんですよね~
IMGP0094.jpg

ヒレナガハギも泳いでました。
IMGP0111.jpg
今日の阿嘉島ビーチめぐりは、あと2か所周る予定。
もう2時間近く潜っているので、そろそろ上がることにします。

ビーチで冷え切った体を温めるために、少し、甲羅干し!ふと空を見上げると、
太陽に複数のリングがかかっていました。カメラのレンズには悪いんですが、
写真を1枚パシャリ!うっすら雲がかかっているせいで、こんな風に見えるようです。
それにしても、神秘的です!!
P1050726_20130519091108.jpg

ニシハマのビーチ前には、4月後半から、10月末ころまで、
2件の売店、兼、シュノーケリングのレンタルショップが開店しています。
P1050730.jpg

ここで、昼食を頂いて、次のビーチに向かいます!
沖縄そば、おいしかったですよ~
P1050732_20130519091107.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
シャワーを浴びて、港に戻ってきました。ふと見ると、犬の銅像を発見。
映画「マリリンに逢いたい」の主人公の犬「シロ」の銅像でした。
ちなみに「マリリン」の銅像は座間味島にありますよ。
そちらもブログの座間味編にあるんで、よかったら見て下さい。
P1070208.jpg

港について、一息ついて、記念撮影することにしました。
海に向かって、1枚パシャリ☆こりきちの後ろ姿です。
シャワーを浴びたばかりですが、既に汗だく。
P1000505_20101202081643.jpg

港の前にある待合室では、ちょっとしたお土産物屋と、
アイスクリープショップがありますよ。
P1070210.jpg

こりきちは、汗だくで、冷たいものが食べたかったので、
マンゴー果実のかき氷をゲットしました。
マンゴーが甘くて、柔らかくておいしいですよ!
P1070212.jpg

船に乗って、那覇の泊港に戻ります。ホント阿嘉島は楽しかったなあ。
海の透明度はずば抜けて高かったですね。カメにも会えたし、
色んな種類のサンゴや熱帯魚にも遭遇できたし。それに人も少なくて、
どこへ行っても海は貸し切り状態でした!!
P1070215.jpg

夕焼けの中に、慶良間諸島がぼんやりと映っています。
また来年、どこかの島を訪れたいなあ~
P1070217.jpg
那覇に戻ったら、郷土料理でも食べに行こうと思います!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
阿嘉ビーチに戻ってきました。時間もないので、急いで、阿嘉島最後の
シュノーケリングを楽しみたいと思います!
P1000498.jpg

午前中とは違い、もうすぐ夕暮れ。阿嘉ビーチも思いのほか、
暗いような気がします。魚はいるかな?
P1000502.jpg

浜辺のすぐ近くで、クマノミ発見。カクレクマノミかと思いましたが、
普通のクマノミの子供のようです。それでも、大人のクマノミと違って、
体型が細いですよね。それに体色は真っ黒です。珍しいかも?
DSCF8125.jpg

午後もやっぱり、ゴマモンガラに遭遇。9月は産卵期ではないので、
人を襲ってはこないようですが、春先に訪れたら、かなりの数のゴマモンガラが
生息しているようなので、結構怖い目に逢っちゃうかも。
DSCF8127.jpg

イソギンチャクの中にハマクマノミの親子を発見。
クマノミは、一つのイソギンチャクに、複数のクマノミが生息していて、
その中の最も大きな個体がメスで、2番目に大きな個体がオス、そして
残りの個体は、繁殖に関与しないクマノミになるらしいです。
一番大きなメスが死んでしまうと、さっきのオスがメスに昇格して、
3番目に大きな個体が、今度はオスへと昇格するようです。何とも不思議な魚です。
DSCF8129.jpg

午前中にも見ましたが、大きな大きなエダサンゴが出迎えてくれました!
DSCF8130.jpg

エダサンゴに近づいてみると、小さな熱帯魚たちがたくさん隠れていましたよ。
DSCF8134.jpg

浜辺で留守番していてくれたウサが、浜辺でケラマシカに遭遇!!
P1000493.jpg

アップにしてみるとこんな感じ!ケラマジカは天然記念物ですが、
阿嘉島では普通に道を歩いていて、遭遇できてしまうほど、
人間の身近な場所に暮らしています。
P1000496.jpg

何を考えているんでしょうか?遠くを眺めて物思いにふけっているのか?
それとも、この時、こりきちはまだ海の中だったので、こりきちを見てるんでしょうか?
P1000500.jpg
おっともう時間がありません。急いで上がって、シャワーを浴びて、港に向かいます!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★