このゴールデンウィーク中は、旅行を我慢して、
仕事や勉強をしようと考えていましたが、沖縄に行きたい衝動にかられて、
急きょ、飛行機やレンタカー、ホテル、離島への高速船のチケットを予約して、
沖縄に出かけることにしました。

今年の沖縄は、非常に寒いようで、その点だけが気がかりですが、
やっぱり、ワクワクします!
今回も毎度ながら、ANAのプレミアムシートで、那覇に向かいます。
P1050678.jpg

那覇空港に到着すると、少し曇りがち。小雨も降っているみたいで、
半袖では、寒く、ひんやりしていました。途中、パーキングエリアで、昼食。
着いてそうそう、食べすぎです。沖縄そばは美味ですよ!
P1050681.jpg

沖縄本島の北部にある備瀬崎に到着です。ここは、美ら海水族館のすぐ近くにあります。
天気は曇っていますが、こちらは雨は降っていませんでした。
P1050688.jpg

かなり水温は低めで、ウェットスーツも持っていないこりきちは、ふるえながら
シュノーケリングスタートです。以前、夏に備瀬崎を訪れた際は、
多くの観光客がいましたが、今日は数名だけ。
海水の透明度も、前回より、かなり高く、海の中は貸切状態!

備瀬崎は、干潮時に訪れると、岸の反対側にある島と陸続きになり、
その間は、プール状態の場所がたくさんできて、子供でも足が届くほど、浅瀬が広がります。
この日は、干潮より少し時間が早かったため、そこまで浅くはなかったですが、
深みもなく、潮もほとんど流れていなかったので、ぷかぷか浮きながら、
魚を観察できました!

こちらは、チョウハンの群れです。こいつは、人間をあまり怖がらず、
カメラを向けると、近づいてきたりして、非常にかわいいです。
IMGP0005.jpg

沖縄でよく見かけるツノダシ。
IMGP0012.jpg

左はブダイ(よく沖縄では刺身になって出てきます)、
右は色鮮やかな、タテジマキンチャクダイの幼魚です。
IMGP0020.jpg

トゲチョウチョウウオとトノサマスミツキダイです。
両方とも黄色が色鮮やかですよね。
今日はこの他にも、多種のチョウチョウウオの仲間を観察できましたよ。
IMGP0023.jpg

ムラサメモンガラも、ホントたくさん泳いでいます。
IMGP0027.jpg

こちらは、ルリスズメダイ、ネッタイスズメダイ、セスジベラ、ロクセンスズメダイです。
シュノーケリングシーズン初めということで、まだ、人には慣れていないようですが、
それでも、至近距離でたくさんの魚を観察できます。幸せです。
IMGP0034.jpg

ハリセンボンとホンソメワケベラです。このベラは、クリーニングステーションと
呼ばれる特定の場所で、他の魚に寄生した虫を食べる特徴があります。
大きな魚が、ここにやってきて、クリーニングしてもらうんですよ。
IMGP0053.jpg

色鮮やかな、ウミウシも発見!
DSCF0042.jpg

こっちはちょっと気持ちが悪いウミウシ・・・
DSCF0047.jpg

シマギンボは、コミカルな顔をしてます。
DSCF0052.jpg

ヒレナガスズメダイです。こりきちは、初対面。すごい色です。
DSCF0060.jpg
ホント、海水の透明度が高くて、非常に気持ちが良かったですが、
あまりの寒さに、そろそろ那覇のホテルに戻ることにします。

那覇に戻ったら、ウェットスーツを購入することにします。明日も明後日も、
海に潜る予定ですが、さすがに、この海水温の低さは、きついです(汗)
DSCF0068kknn.jpg
夜は、那覇の国際通りで食事します!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
ちゅら海水族館からすぐ近くに、ここ「備瀬崎」というシュノーケリングポイントがあります。
ここは、干潮時になると、大人の腰辺りまで潮が引いて、まるでプールの中で、
たくさんの熱帯魚と一緒に泳いでいるかのような気持ちになれますよ。

川のように見えるのが、潮だまりになっている場所で、驚くほどの数と種類の魚に、
出会う事ができます。泳ぐのがあんまり得意じゃないウサも、
この海は気に入ってくれたみたいです!
P1000445.jpg

右奥に進むにつれて、大量の魚に出会う事ができますよ。
それに普段ではあまり見ることができない幼魚や小魚たちも、
この潮だまりに取り残されて、群れを作って、泳ぎまわっています!
P1000446.jpg

小島との間は、干満によって異なりますが、そのまま繋がってしまうほど、
潮が引く場合と、時間帯によっては、流れが急で危険になることもあるので、
潮の干満については、気象庁の情報をチェックしてから、備瀬崎に向かうといいと思います。
ちなみに、駐車場は結構広く、トイレもあります。
なお、駐車場は有料ですけどね。500円だったかな?
P1070165.jpg

通常潮の流れがるんですが、干潮時は全く流れが止まります。
透明度はかなり高いらしいんですが、この時ここに到着したのが、
干潮になり始めて随分時間が経過していたため、既に温めのお風呂につかっているような感じ。
水もかなり濁っていました。

こちらは、ハワイでよく見かけるヒレナガハギの幼魚です。
大人は背びれを広げると50cm以上になりますが、この幼魚は背びれを
広げても体長7cmほど。色も大人よりも黄色っぽくて、可愛いです!
SANY0025.jpg

水が濁っていて、見難いんですが、この中に、トゲチョウチョウウオ(白と黄色)や、
ミスジチョウチョウウオ(横縞模様)、そして中央のチョウチョウウオ(黄色と黒)など
沢山のチョウチョウウオの仲間が泳いでいます。ここも非常に浅瀬です!
SANY00471.jpg

ヨスジリュウキュウスズメダイが、こちらの様子をうかがっているようです。
SANY0051.jpg

手を伸ばすと、餌をもらえるのかと勘違いして、たくさんの種類の魚がよってきますよ。
SANY0057.jpg

備瀬崎の海の中です。こりきちの手のひらに沢山の魚が群がっています![広告] VPS

ルリスズメダイもたくさん泳いでいます。少し沖縄本島南部の大度海岸の干潮時にも似ているような
気もしますが、ここの方が、熱帯魚の密集率はかなり高めです!
SANY0191.jpg

こりきちも一枚ここでパシャリ☆
P1070171.jpg
夕方になる前に、那覇のホテルに向かいます。夕方ころから、那覇市内は大渋滞するので、
急いで戻ります!備瀬崎もゴリラチョップも今回初めて訪れましたが、
想像していたよりも、たくさんの魚にあう事ができて、満足満足です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★