上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地元の人にユルギュップでは、ここがお勧めといわれてやってきたお店がここ。
ユルギュップの中心地にあるので、歩いていれば、すぐに見つかりますよ。
P1020568_20111217100655.jpg

頑固そうなおじさんが料理を作ってくれるようです。
P1020559.jpg

まだ、早い時間での夕食のため、お客さんはお茶をしている人くらい。
P1020560.jpg

メニューをみると、写真が付いていたので、中身はよくわからないですが、
何となくで注文することにしました。
P1020556_20111217100658.jpg

まずは突出し。玉ねぎですね。
P1020557.jpg

無発酵パンのユフカ。すこしナンに似てますかね。
P1020558_20111217100656.jpg

トルコ風ピザのピデです。おいしいですよ。
イタリアのピザとは違って、結構厚みのある生地でボリューム満点です。
P1020561_20111217100750.jpg

サラダも注文。肉ばかりだと、体に良くないですしね。名前はチョパン・サラタス。
P1020562_20111217100844.jpg

ナンに似たパンの下から、肉らしきものが覗いています。
P1020563.jpg

パンをのけると、下からドネル・ケパブが登場。
トルコでは超一般的な料理です。こちらは牛肉になります。
P1020566.jpg

こちらは鶏肉とトマトの煮込み料理です。タウック・ソテです。
これもこりきちのお気に入り。
P1020564.jpg
これを二人で食べきりました(笑)。満足満足です。

そろそろ空港に向かう時間が迫ってきました。これでカッパドキアともお別れ。
名残惜しいです。いろんな奇岩も見れたし、おいしいものもたくさん食べられて、
ホント満足でした。それでは、チャーターしてある車に乗って、空港に向かいます。
P1020571_20111217101027.jpg

空港に向かう途中は、牧歌的な風景が広がっています。
P1020572_20111217101021.jpg

この後、飛行機に乗り込み、イスタンブルには夜遅くに到着したのですが、
飛行機の中では、ハプニングに遭遇しました。
隣に座っていた、欧米人の細身で若い男性が、こりきちの横で、何かブツブツ言いながら
突如苦しそうにし始めました。初めは怪しい人かと思って見ていたのですが、
体調が悪くなり始めた様子。ただ、飛行機には医師が搭乗していなかったため、
診察してもらえず、かなり苦しそうにしてはりました。何とかイスタンブルに1時間ほどで到着。
医師が数名飛行機に乗り込んでの診察。意識ははっきりしているようだったので、
少しだけ安心しました。診察が間に合ってよかったです。

この旅では、この後もっと凄いことに何度か遭遇したので、そのお話は、
またブログで!明日の朝から、イスタンブル観光に出かけます!!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
スポンサーサイト
ツアーガイドとの観光は終了。まだ時間があるので、
ユルギュップという町を観光したいと思います。
P1020570_20111211083826.jpg

ユルギュップの中心にクルチャルスラン廟という町を一望でできる絶景スポットに向かいます。
P1020535_20111211083826.jpg

町の中心地からだいたい歩いて15分ほどで、頂上に到着できます。
途中土産物屋などもあるので、買い物しながらでも、楽しいかも。
P1020536_20111211083826.jpg

この廟の頂上には、カフェやトイレもあるので、のんびりできます。
頂上からの景色がこちら。
P1020540.jpg

ユルギュップの中心地が見えます。レストランや土産物屋がたくさんあるので、
ここを降りたら見て周りたいと思います。
P1020544.jpg

トルコの国旗がはためいています。この廟の頂上は、非常に広いんですよ。
昔の君主がここを建設したそうです。作るのは、かなり大変そう。
P1020548.jpg

クルチャルスラン廟を観光した後は、また、街中におりて、今度は土産物を購入します。
P1020531.jpg

トルコ独特の乾物や食材が売られています。
P1020534.jpg

トルコ絨毯のお店もありました。こりきちはあまり興味がなかったので素通りです・・・
P1020551.jpg

P1020555.jpg

そしてこっちは、こりきちの気に入ったお店。
独特の色使いや模様が美しいトルコの代表的なお土産であるプレートやタイルがたくさん並んでいます。
P1020554.jpg
このお店ではかなりの数を購入しました。
他にも、魔よけの飾りや、携帯ストラップなども購入。
購入したものは、後日まとめて、紹介しますね。

この後は、トルコの伝統料理をユルギュップで一番人気のお店でいただきます!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
食事後、10分ほど移動して、ヤプラクヒサル・パノラマに到着しました。
少し天気が悪くなってきましたが、何とか傘をささずに、見学できそうです。
P1020463.jpg

なんか不思議な三角の小さな岩山がたくさんありますよね。
面白い形をしてますよね!スターウォーズの撮影場所に
なったいう噂があるらしいですが、その噂も納得です。
P1020454.jpg

奇岩の下には、小さな集落があって、生活しているようです。それもなんだか不思議です。
P1020456.jpg

妖精とか宇宙人が住んでそうですよね(笑)!
P1020458.jpg

P1020464.jpg

続いて、今度は、「セリメ修道院」跡を見学します。
P1020470.jpg

大きない岩山がそのまま修道院になっているのですが、その大きさには
ホント驚かされます。かなりの標高なので、登るのには、体力が入りますよ!
P1020468_20111203101511.jpg

迷路のような内部は必見です。ただ、足元はツルツルしているので、ハイヒールや
サンダルでは登るのは、危険です。
P1020478.jpg

上から見る景色はここもまた絶景です。
P1020488_20111203095206.jpg

教会や、台所、寝室などもあったようです。
P1020507.jpg

P1020509.jpg

こりきちもここで1枚パシャリ☆
P1020494k.jpg
これで一応ガイド付きの観光は終了。でも時間がまだあるようなので、トルコ石を販売している
政府機関に立ち寄ってももらって、更にそのあとは、ガイドなしで、ユルギュップを観光します!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
ウフララ渓谷でのハイキングも終了。ベリスルマ村に到着です。ここで、昼食を頂きます。
P1020449.jpg

今回は河原での食事です。ハイキング終了間近から、少し天気が悪くなってきました。
このレストランには屋根があるので、少しくらいの雨でも大丈夫そうです。
P1020439.jpg

トルコのレストランでは、お酒を置いていないことが多いんですよね。
イスラム教徒の人が多いため、お酒を飲む習慣があまりないらしいです。

まずはスープを頂きます。こちらは、ドマテス・チョルパスというスープ。
濃厚で少し酸味のある定番スープです。
P1020441.jpg

こっちはかなり大きなパン。
ナンにも見えますが、結構歯ごたえがある素朴な味です。
P1020442.jpg

こっちは、普通にサラダです。
P1020444.jpg

そしてこっちがメインディッシュのこの川で採れたニジマスのムニエル。
美味しいですよ。皮はカリカリに焼かれていて、香ばしいです。
P1020445.jpg

P1020448_20111126095114.jpg
おなかも満足したので、次は奇岩群のある観光地に移動。
そこでは、奇岩に登ってしまいますよ!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
ナル湖から移動して、ウフララ渓谷に到着です。
天気は想像していたよりも、いい感じです。
P1020378.jpg

全長は約12キロ。その内、一部の4キロほどをハイキングすることにしました。
P1020379.jpg

崖の高さは、100mほど。絶景でしょ?!
P1020380.jpg

階段を下りて、渓谷下の河原のすぐ横を歩くことになります。
P1020381.jpg

崩れてきそうな岩をたくさん目撃しました。危なっかしいですよね。
P1020388.jpg

途中に、キリスト昇天の描かれたアーチアトゥル教会を見学することができます。
P1020390.jpg

P1020394.jpg

河原の横の遊歩道を歩きながら、川の音が心地いです。
P1020403.jpg

春先ということもあって、たくさんの花を見ることができますよ。
超気持ちがいいです!
P1020402.jpg

またもや、崩れそうな岩を発見!
P1020412.jpg

岩山には、昔の住居の跡を見つけました。
P1020435.jpg

ウフララ渓谷の象徴のような岩山発見。巨大でどっしりとしています。
P1020418.jpg
この付近には、鴨の家族がいたりして、ホントのどかです。
この後は、河原のレストランで昼食を頂きます!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。