上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテドラルを後にして、バルセロナの南西に位置する、
モンジュイックの丘を訪れることにしました。

モンジュイックを目指す起点になるのが、ここスペイン広場前です。
バスに乗って向かいます。この広場の目の前には、
カタルーニャ美術館がそびえ立っています。
P1010169.jpg

カタルーニャ美術館は、ヨーロッパでも有数の美術館です。
中世の宗教画などが多数展示されているとのこと。
ただ、こりきちたちは素通りです・・・・
P1010563_20091114090422.jpg

バスに乗って、更にゴンドラに乗って、モンジュイックの丘に到着です。
途中、バルセロナオリンピック会場なども、目にすることができました。
P1010179.jpg

入り口から、丘の上へと、歩いて登ります。
P1010181.jpg

モンジュイックの丘からの眺めです。
この丘の上の建物(城)は、軍事博物館になっていて、
沢山の大砲などが展示されています。
P1010184.jpg

城からは、バルセロナ港や、山側のサグラダ・ファミリアも
望むことができます。
P1010191.jpg

帰りのゴンドラから、サグラダ・ファミリアがみえました。
ホント、天気最高!景色も最高です!
P1010569_20091114090517.jpg

モンジュイックから、移動して、バルセロナ港を見に行きます。
これは、港近くの交差点にあるコロンブスの塔です。
塔の台座にも細かい装飾が施されているので、訪れた際は、是非見て下さい。
交通量も多いので、車には注意してくださいな。
P1010192.jpg

港には、ランブラ・デ・マールという橋があります。
その橋を渡ると、ショッピングモール・マレマグナムがあります。
ガラス張りでおしゃれな感じ、大きな建物です。
スペインブランドの奇抜なTシャツや、サッカーウェアなどが
売っていたり、カフェやアイスクリームショップなどが入っています。
P1010196.jpg

P1010201.jpg

今日も1日歩きっぱなしで、ふくらはぎがパンパンです。
休憩がてら、夕食をとることにしました。

こちらはカタルーニャの名物料理「フィデウア」です。
ショートパスタのパエーリャになっています。
魚介類をこれでもかと、入っていています。
P1010207.jpg

P1010208.jpg

写真を撮る前に、店の店員さんが皿によそってくれました。
残念ながら、全体の盛り付けられた料理の写真はないんですが、
食べ終わった後のなべの写真がこちらです。濃い目の味で、
お酒が進みました。ただ、二人で食べるには、かなりの量なので、
きつかったですね。他の料理も頼んだことを、後悔しました(笑)。
P1010209.jpg

夕食も終えて、満腹でホテルに戻ってきました。
窓を開けて、テラスに出てみると、バルセロナ水道局の
建物「Torre Agbar トラ・アグバル」がライトアップされているのを
見ることができました。近代的です。
P1010213.jpg

今日一日歩きっぱなしだったので、早めに寝ます。
明日は、スペイン南部の町、セビーリャを訪れます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
スポンサーサイト
早朝から、バルセロナ市内観光に出発です。
ホテル近くの建物で、カテドラル(バルセロナ大聖堂)の目の前の広場に、
ピカソの壁画が3面展示されています。
ピカソはバルセロナ出身なので、多くの作品を見ることができます。
P1010107.jpg

まずは、カタルーニャ・ゴシック様式の建物が建ち並ぶ、ゴシック地区の
カテドラルを見学します。この建物が完成するのに150年もかかったそうです。
スペイン人はのんびりしていますよね。
P1010053.jpg

P1010058.jpg

中は非常に天井が高く、広々としています。少し涼しく感じます。
P1010426_20091111225922.jpg

カテドラルの主祭壇です。
P1010427.jpg

P1010429.jpg

内部には、バルセロナの守護聖人サンタ・エウラリアが眠っています。
また、カテドラルにも、モンセラットと同様に黒いマリア像(コピーらしいです)が
安置されています。こりきちが訪れた際は、全く気がつかずに帰ってきて
しまいました。また、バルセロナを訪れるときは、絶対見たいと思います。
P1010424.jpg

ステンドグラスも美しいです。
P1010437_20091111225837.jpg

礼拝に訪れる人や、観光客によって灯された真っ赤なロウソクです。
赤色の炎が非常に美しく、心が癒されます。
P1010440.jpg

カテドラルには登ることができます。外は風がとても気持ち良いです。
カテドラル中央には、大きな尖塔があり、非常に細かい装飾が施されています。
P1010068.jpg

バルセロナ市内は見所だらけです。これからドンドン見て回りたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
今日は、バルセロナの市街地にあるガウディの作品を沢山見てきました。
そして、本日最後も、ガウディの作品を見るために、
バスに乗って、市街地が見渡せる小高い丘にあるグエル公園を
訪れることにしました。ここ、グエル公園もガウディの作品で、
更に、ここも世界遺産に認定されています。
P1010082.jpg

起伏のある公園を少し上がっていくと、市街地が目の前に広がってきます。
訪れたのが、夕方だったため、夕闇のバルセロナはいい雰囲気になっています。
P1010083.jpg

ガウディらしい柱が並んでいます。夕方は人もまばらで、この時、この場所には、
全く人気がありませんでした。ただ、昼間はすごい人らしいです。
夕方はお勧めの時間かもしれないですね。
P1010463.jpg
P1010465.jpg

このテラスには、家族連れやカップルがのんびりしています。
波型をしていて、曲線がガウディっぽいです。
風も涼しく、非常に気持ちよかったですよ。
P1010086.jpg
P1010461.jpg

公園内にはガウディらしい建物が点在しています。
ケーキやお菓子にも見えなくはないですよね。
P1010090.jpg

先ほど見えたテラスの真下は、こんな風になっています。
天井にまで、タイルを使って、細工が施されています。
ガウディはホント手を抜かないですよね~といっても、
こちらはガウディの弟子の作品らしいです。
P1010094.jpg
P1010474!.jpg

グエル公園の象徴のドラゴン(?)です。色鮮やかです。
これは、地下貯水層の放水口になっています。
みんなここで、記念撮影します。
P1010099.jpg

おもわず、こりきちはお土産で買ってしまいました。
バルセロナ市内の土産物屋や、美術館など、色んな場所で、
目にしました。小さい物から、大きな物まで、色々揃っていますよ。
これで20cmくらいかな?
P1040469置物

グエル公園の正面になります。さっきのテラスが、一番建物の上部分になります。
中央にドラゴンがいますよね。グエル公園はかなり広い敷地に広がっています。
P1010101.jpg

ここでも一枚パシャリ☆
P1010484グエル前

もう日も完全に沈みました。今日一日歩きっぱなしだったので、
今夜はゆっくり休んで、明日は朝一から、
伝説の聖母マリア像が安置されているモンセラットを訪れます!!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
サグラダ・ファミリアから、ガウディ作のカサ・バトリョ邸前に
やってきました。バトリョ邸は、グラシア通りにあり、細かい細工が、
建物全体に施されていて、非常に美しい建物です。
窓や柱も面白い形をしていて、見ていて、全く飽きません。
カサ・バトリョも世界遺産です。

昼前ということもあって、すでに大勢の人が、入場するのに並んでいます。
こりきち達は、中に入るのをやめて(入場料もかなりします)、外から眺めることにしました。

内部は相当凝った作りと、直線のない曲線だらけの、不思議空間が
広がっているらしいので、次回訪れる際には、朝一にきて、ゆっくり見学したいと思います。
P1010397_20091104084733.jpg

こちらもガウディ作のカサ・ミラです。
カサ・ミラは、集合住宅となっています。なんと現在も住んでいる方がいて、
現在の家賃は、建築当時の家賃(約15万円)とほとんど変わらないらしいです。
この家賃で、住めるなんて、超羨ましいです。
ちなみに、こちらも世界遺産に認定されています。
P1010402.jpg

カサ・ミラの内部は吹き抜けになっています。
太陽の光が降り注いできます。
P1010404_20091104084732.jpg

屋上は記念撮影スポットになっています。
サグラダ・ファミリアの受難のファザードにもあったように、
宇宙人のような、ダースベーダーのような(実際はローマ兵)彫刻が、
たくさん並んでいます。大きさもバラバラで、色彩や質感も異なるものが、
不思議と違和感なく、並んでいます。通気口だったりするみたいです。
P1010409.jpg

屋上からは、サグラダ・ファミリアも見ることができますよ!
P1010048.jpg

よく見ると、一体一体顔の表情が違うことが分かりますかね?
不思議なものを、住宅の屋上に作るもんです。
P1010407.jpg
P1010411.jpg

ランブラス通りは、出店やパフォーマンスの人が沢山いて、
楽しい場所です。
P1010413.jpg

P1010415.jpg

カタルーニャ音楽堂です。モザイク画や豪華な装飾が施されています。
内部はコンサートホールになっています。
ガウディは全く趣の異なる建物を沢山製作しています。
無数のバラの彫刻がキレイです。こちらも世界遺産。
世界遺産が狭い範囲に沢山あって、驚くばかりです。
P1010417.jpg

P1010420_20091104084806.jpg

P1010057.jpg

グエル邸です。こちらもガウディの作品です。
外観は他の建造物に比べて、非常にシンプルです。
グエル邸の前は、狭い道路に面し、地味なところにあるため、
前を通っても気がつかないかもしれないです。
P1010448_20091104084828.jpg

正面には、鉄製のカタルーニャの紋章が掲げられています。
リアルです。こちらもまたまた世界遺産です。
P1010449.jpg

バルセロナにはまだまだ、ガウディの作品で、世界遺産がたくさんあります。
ホント見所でいっぱいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
サグラダ・ファミリア聖堂の内部に入ってきました。
中では朝から作業中の人たちがいます。ただ、のんびりとした雰囲気。
うーん、まだまだ完成には時間がかかりそうです・・・・
P1010027.jpg

柱や天井には花をモチーフにした彫刻が施されていたりします。
柱の途中には関節(節)が設けられています。理由は?です。
P1010028.jpg

ステンドグラスがとても美しいです。
ヨーロッパの教会には細かい細工のしたステンドグラスが沢山
ありますが、ここのはいたってシンプル。でも、朝の日差しが差し込んできて、
ホント神々しいです。
P1010012.jpg

生誕のファザード側から、エレベーターに乗って、上を目指します。
早朝でしたが、30分近く待ったように思います。
階段でも登ることもできますが、みんな並んで待っているようです。
できるだけ早めに訪れることをお勧めします。ちなみに帰りは階段です。
P1010018.jpg

上ってきました。生誕のファザード側の4本の鐘楼が見えます。
これらの鐘楼はトルコで有名な、あのカッパドキアから、思いついたらしいです。
P1010015.jpg

下を見ると、まだまだ何かを作っているみたいです。
P1010014.jpg

こりきちもここで1枚、パッシャッ!!
P1010355kao.jpg

沢山の果実がそえられた塔が見えます。カラフルでおいしそうです!
P1010025.jpg

景色も最高です。バルセロナの市内が一望できます。
P1010360.jpg

これはサボテン?フランスパン?その上には卵でしょうか?不思議です。
P1010361.jpg

P1010362.jpg

サグラダ・ファミリアの内部には、資料館もあります。
ここでは、ガウディとサグラダ・ファミリアに関連する多くの資料が
展示されています。こちらはサグラダ・ファミリアの完成した際の絵です。
P1010032.jpg

P1010002_20091103145733.jpg
外に出てきました。ずっと訪れたかったサグラダ・ファミリア聖堂を十分堪能しました。
次回はもう少し完成に近づいた状態を見にきたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 クリックしてください★
クリックしてください★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。